CRAの求人を探す場合に知っておきたいCROやCRCのこと

CRAというのは、治験に関わる業務を担う職種で、CRAといえば、必ず上がってくる言葉がCROやCRCです。

CRAの求人を探すにあたって、CRAとCROとCRCのことを混同してしまう人もいる様なのでCROのことをよく知っておく必要があるでしょう。

CROというのは、Contract Research Organizationの略称で開発業務支援機関のことを示し、職種ではなく、CRAが所属する機関のことをいいます。

CROでは、主に製薬会社や医療機器メーカーなどをクライアントとし、新薬の治験の依頼を受けて、治験に関わる全ての業務を請け負い、CRAを派遣して適正に治験を行うサポートをします。

CROから派遣されたCRAは治験が正しく行われているかを確認し、治験でのデータを収集記録して、マネジメントを行います。

CRAは新薬を承認する申請書類の作成をしたり、論文を作成するなど、新薬に関する様々な業務を担います。

CRCというのは治験コーディネータのことをいいますが、略称が似ていることからかなりCRAと混同されやすいのですが、CRCは治験をコーディネートとする仕事なので、治験場となる病院やクリニックの医療機関から雇用されるもので、求人もそれらから出されています。

医療機関側の立場として治験をスムーズに行える様サポートする仕事です。

CROというのは職種ではなく、CRAを雇用して、それぞれの治験に対して派遣する機関であり、CRCは医療機関に雇用され、医療機関側の立場にたってCRAのサポート役をする職業です。