CRAの求人ではわからない仕事の内容

CRAの仕事は新薬開発のためにその薬の治験が適正に行われているかの確認をするものなのですが、具体的にはどの様な業務を担うのでしょうか?

薬というのは研究開発されたからすぐに医療現場や市場にでるというものではなく、それぞれの製薬会社において、新薬を使用するにあたって副作用などの重篤な問題がないかどうかということを確認した上で使用されることになります。

その為には、必ず四段階に別れた臨床試験が行われます。

治験を行うにはモニターとなる被治験者が必要となりその安全性を守るため、安全に治験を行える条件をもった医療機関を見つける必要があります。

CRAは、新薬の治験について、製薬会社から依頼が着た場合、場所やスケジュールなどの治験に関する企画をして運営を行っていきます。

治験中のデータ収集なども請け負います。CRAは依頼主の製薬会社と治験を行う病院をつなぐ役割を担うということになります。

現在、日本の各製薬会社では新薬開発に力を入れていることもあって、CRAは需要があるといえます。

よって、CRAの求人は増えている傾向にあるために、CRAという職種を希望する人も少なくない様です。

ただし、CRAという職種は非常に専門性が高いもので、薬の知識だけではなく、コミニュケーション能力なども求められるため、誰でも気軽になれる職種ではありません。

求人内容などを見てみると、薬剤師や看護師、臨床検査技師などの資格を持っている人が優遇されている傾向にあります。

参考サイト=>[http://cro.quintiles-career.com/interview6/